MENU

薬剤師は転職希望者が多い職場

とにかく、覚える事がたくさんあるのが薬剤師という仕事だと思います。
薬だってたくさんの種類があり、それを覚えるだけでも一苦労……。
それにも関わらず、薬剤師は転職者が多い職種です。
何故……?
それは、このサイトを検索してたどり着いた貴方がよくわかっているんじゃないかと思います。

 

 

薬剤師を辞めたいのか、職場を変えたいのか

薬剤師になった人には、それぞれ志した理由があるのではないですか?
せっかく薬剤師の免許まで取ったのに辞めてしまってはもったいない。

 

一度自分の心を動かした仕事なのだから、別の職種に転職する前に、
職場を移動して他の場所を体験してみてからでも遅くないですよ。

 

辞めたい理由で多いのは人間関係

同じ仕事でも、職場が変わると驚くほどやりがいが出たり、楽しくなったりするものです。
今はどこも薬剤師は人材不足です。

 

高齢者がたくさん薬局に訪れる一方、薬剤師の数は変わらずひとりが抱える枚数が多すぎるのです。
どうしても、人は忙しいと人当たりがギスギスしてしまいますよね。

 

そんな所では仕事をしていても辛い事が多いでしょう。辞めたいと思いますよね。
別の場所なら、もっと自分のやりたいと思った仕事をのびのびと楽しく出来るのではないでしょうか?
これが、私が移動をすすめる理由です。

私も辞めたいと思っていたひとり

新人としてドラッグストアに入社した時は、ひどい職場環境でした。
自分と、女性の管理薬剤師とパートの女性が2人。
パートの人はほとんどいない事が多く、上司は忙しくて新人教育どころではなかったんです。
女性ばかりの中で男ひとりというのもきつかったですね。女性って怖いんだなと思いました。

 

大きなミスをしてしまった

薬剤師をやっていれば、ひとつやふたつミスを経験した事あるんじゃないでしょうか。
でも、本来ならば人の生死に関わる事もあるのでやってはいけない事です。

 

自分の場合は上司がたまたま見ていて、すぐに気づいたので大事にならなかったけど、
あのままお客さんの手に渡っていたらと思うと今も怖くて震えます。
ミスをしてしまうと、とても居づらくなってしまいますよね。
精神的ストレスも大きいんじゃないでしょうか。

 

でも、あなたのミスが全てあなたのせいじゃないかも知れません。
職場環境が良くて、他に心配事がなければもっと仕事に集中できたのかも…。
言い訳かも知れないけどそんな事って実際ありますよね。

 

信頼を回復させるのは大変

一度ミスしてしまったら「あの人は信用できない」と言うレッテルを貼られてしまうでしょう。
同じ人、同じ環境だとなかなか信頼を回復するのは難しいですよね。
もうこうなってしまうと負の連鎖です。
とても居心地が悪くて、仕事どころじゃなくなってしまいました。

薬剤師専門の転職サイトを見てみる

自分の気持ちが一番揺れていた時に、よく自宅で眺めていたのが、薬剤師の転職サイトです。
登録は無料ですし、他の職場の環境が見える気もします。

 

実際に転職する気持ちがなくても、見ているだけでも
自分の置かれた環境が他と比較してどうなのか、というのはわかりやすいのではないでしょうか。

 

何よりも、自分の場合は薬剤師という仕事は嫌いじゃないんです。
自分がやりたかった仕事ですし、他の職種に変わると言う勇気もありませんでした。
ただ、他の薬剤師さんはどんな環境で仕事をしているのかな?
それが知りたかったのだと思います。
自分が登録して、よく見ていたのは次の3つのサイトです。

 

リクナビ薬剤師


専任のキャリアアドバイザーさんがいて相談に乗ってくれるようです。
登録してみて思ったのですが、大手の求人が多いなという事でした。
たとえば、日本調剤や、イオンファーマシーマツキヨなどです。

 

リクナビといえば、元々大手のリクルート人材会社ですよね。
大手企業とのパイプがあるのかも知れません。
大手企業に就職したい人にとっては、とても良い求人情報サイトなのではないでしょうか。

 

 

 

マイナビ薬剤師


お恥ずかしい話なのですが、自分は登録してみるまで
マイナビというリクルート会社がどのような会社なのか知りませんでした。

 

リクナビと比較すると少しマイナーなのかなと、勝手に思っています。
紹介している企業は大手もありますが、中小の薬局まで細かく網羅されています。
こうゆう情報は営業の人が足で探してくるのかな?と思うくらい
小さな薬局の求人まで載っていたりするのが面白いですね。
大手にこだわらず、自分の地元で働きたいという人は
マイナビ薬剤師などは良い転職先があるんじゃないかなと思います。

 

 

薬剤師ナビ


薬剤師ナビというサイトもあり、他とは全く違うシステムのようだったのでここも登録してみました。
このサイトはここに登録すると他のサイトからの情報を集めて紹介してくれるサイトでした。
どういう物なのかと言うと、薬剤師ナビに登録して、情報を集めて欲しい求人サイトを3つまで指定できます。

 

そこから自分が求める条件などで検索すると、
指定した求人サイトからその条件にあった求人を集めてまとめてくれる・・・と言う感じです。
問題点もありそうですが、忙しくてあちこちのサイトを
ひとつひとつ見てはいられないという人には合っているんじゃないでしょうか。

 

3年めに他店舗に移動がきた!

結局自分の場合は、居心地が悪いままずっと勤務は続けていました。
そして、入社して2年が過ぎた時、3年めからは他店舗に移動するようにという辞令が降りたのです。
今考えると、女性上司が自分の事を放り出したかったのかも知れないけれど、理由なんて何でもいいんです。
自分には新しい環境で仕事が出来ると、その嬉しさしかなかったです。

 

新しい職場は全く違った

移動した先の店舗も、人数的には同じような物だったので仕事の忙しさは同じです。
今度の上司は50すぎの男性で、やはりパートの女性薬剤師が2人いました。

 

前と格段に違う事は、今度の上司は自分の事をとっても歓迎してくれました。
忙しいのは一緒です。「ちょっと待って」と質問を待たされた事もあるけど刺々しい言葉などはなくて
一段落ついたらちゃんと質問に答えてくれました。

 

前の店舗で2年やってきたという実績もあったんでしょうが、今度は「役に立ってる」って実感がありましたね。
ハッキリ言って前の職場ではいかに怒られないようにするかって事しか頭になかったから、
人の役に立っている、仕事しているって感覚が少し薄かったんです。

 

毎日仕事に行くのが楽しくなりましたね。
上司が男性だからか、それともここにいる人たちが良い人なのか、パートの女性2人も自分にやさしく接してくれました。
本当に職場でこうも違うのかと、驚くほどモチベーションがあがりました。
薬剤師を辞めたいと思っている人は、辞めなくても他に移動するだけで、
自分のように問題が解決する事があるかも知れませんよ。

移動できない後輩には転職をすすめた事もある

同じように薬剤師の職についた大学の後輩から、よく飲みの席で仕事についての愚痴を聞かされます。
実際に個人的に相談される事もあります。
自分は転職してはいないから、どこが良いとか言えないけれど、
職場環境は大事だよとアドバイスしますね。

 

明らかに1日あたりの1人の枚数が多いところとか、
いくら上に相談しても職場環境が良くならないなんて後輩には、転職も考えてみたらどうだ?とすすめます。

 

明らかにオーバーワークでやられちゃってるんですよ。
見ていても痛々しいくらいです。せっかく薬剤師になったのだから、
薬剤師という仕事は辞めて欲しくないなって気持ちの方が強いんです。
転職したって薬剤師は続けられるじゃないですか。

 

3年続けてみろと言われた?

後輩の話の続きですが、その後輩が一度「退職したい」という事を言ったそうです。
その時に、対応した上司は「何でもそんなにすぐに諦めてしまっていいのか?

 

仕事は、3年続けてみろと言うだろう。もう少しがんばってみてくれないか」と言われたそうです。
世間では、3年続けないと仕事を覚えないからって、そうゆう常識もあるみたいですね。

 

でも、実際後輩の姿を見ている自分にとってはその上司はダメですね。
彼が仕事を続けられるような状態に無いんですよ。
これで仕事を続けろなんて、無理強いにしか思えない。
それに、何と言っても薬剤師の仕事はどこに行っても同じです。
覚える薬が違うくらいです。それなら別の職場で続けて覚えたっていいじゃないですか。

 

薬剤師にとって3年続けろは、薬剤師を3年続けろでいいと思います。
もし、転職を考えている人が自分の後輩みたいな事を言われて引き止められたら無視して良いと思います。

転職を考えた方が良い状況とは

後輩の場合は、自分も転職をすすめましたが、転職ってパワーが必要ですよね。
新しい職場に行っても絶対に良くなるという保証は無いんですから、
出来るなら避けたいと誰もが思うんじゃないでしょうか。

 

あまり多くは無い自分の経験からですが、
最低限のラインとして参考にしてもらえればと思います。

 

新人に教育しようとしない所はダメ

忙しいのはわかりますが、特に学校を出たての新人は
薬に対する知識はあっても仕事に対しての知識は無いです。

薬剤師の免許があるのだから何でも出来るでしょ?
と思われていて、教えてくれる環境がない職場はダメです。

 

職場環境が悪すぎる

薬局もドラッグストアも経営があるから雇う人数の制限があるのかも知れないです。
でも、それが適正人数ではない所は明らかに経営ミスです。
そこは経費を削減する所じゃないと思います。

 

薬剤師の1日の適正枚数は日に40枚程度です。
それプラス少し多い人数くらいが無いと薬剤師が体を壊したり精神をやられたりします。

 

上司が仕事をしない

人数が足りていても、上司が仕事をしない所ってありますよね。
自分は管理者なんだから管理すればいいの、実際に仕事はしないのっていうスタンスの上司です。
こういう人に限って相談してもまったく話を聞いてくれません。
管理すら出来ない事が多いのです。

 

職場環境について、上司が話を聞いてくれない所は
すぐに見切りをつけた方が自分は良いと思います。

これから働きやすくなる可能性が非常に薄いからです。
体を壊してからでは遅いです。

 

転職サイトと比較して条件が悪い

お給料が安い、勤務時間が長い、休みが少ないなど
「薬剤師ってこんなものなのかな」と思って我慢しているところもあるのではないでしょうか。

 

そんな時に比較に出来るのが、リクナビ薬剤師などの
薬剤師用の転職サイトの情報です。
転職サイトに載っていない情報もあるでしょうが、お給料などは比較しやすいですよね。

転職するか続けるかしっかり判断しよう

転職するにしても、そのまま続けるにしても、決めるのは本人です。
決め兼ねてずっと悩んでいるのは、一番良くないです。

 

不満があるままでは、仕事にも身が入らないでしょうし、
あなたが悩んでいるだけでは周りも何も変わりません。
特に人間関係の悩みは、あなたがひとりで考えていても何も変わりません。
上司に相談する、年配の人相手なら定年まで待つと決める、
どちらも自分が持ちそうになかったら、思い切って転職するのも間違った選択肢ではないと思います。

更新履歴